新型出生前診断の倫理についてご紹介します

このサイトでは、新型出生前診断に関わる情報を提供していきます。
倫理に関しては常に議論が繰り広げられていますが、命の選別という点についての懸念も多くのケースで問われるのが実情です。
なぜなら、結果を見て中絶を選択することを余儀なくされるケースがあるためです。
生まれる予定の子供に障がいがあることが分かったらどうするのか、という点やその選択をしなくてはならない母親にのしかかる精神的な負担についても考えていきます。

新型出生前診断と倫理の問題

新型出生前診断と倫理の問題 新型出生前診断をすることは、倫理上問題があるのかないのかということは議論の対象になっています。
しかし、結局は親が判断して決めることになりますし、診断を受けて産むのか産まないのかの決断をした後も悩むケースは多いです。
堕胎をしたくてする人はいませんし、育てられないと判断してやむを得ずの決断になるケースが多いのではないでしょうか。
もちろん、新型出生前診断を利用して結果を確認して障がいがあることが分かった上で出産をする人も中にはいます。
決心が揺らぐこともありますし、堕胎をしてもしない場合でも後から後悔や不安を覚えることがあるのが実情です。
特に、当事者の母親にとっては、責任が重大で多くの人が問題視しているテーマです。

倫理的な議論もあるが、新型出生前診断は明るい未来を作る検査です

倫理的な議論もあるが、新型出生前診断は明るい未来を作る検査です 技術の進歩によって出産前に胎児の染色体異常を調べることが可能になりました。
子供が障害を持って生まれてくることで、子供本人も親も色々な悩みを抱えてしまうのは事実です。
新型出生前診断を行うことで命を選別することになるのですが、この新型出生前診断を希望する母親は増加傾向にあります。
命を選別する行為は家族の未来を考える時に役立つものですが、一方で倫理的に問題があると指摘する意見もあるのは事実です。
倫理的な問題は気軽に議論することができないですし、個人の考え方や宗教によっても意見が分かれるので、「これが正しい」という断定はできないです。
新型出生前診断については今後も継続して議論が行われていきますが、法律的に認められている以上は倫理的にグレーゾーンでも間違った行動とは言えないです。
新型出生前診断を行うことで、母親の精神的な不安やストレスを取り除く効果もあります。
胎児へのリスクが少ないですし、検査の精度も非常に高いです。
体への負担が少ないので、気軽に検査を受けることが可能です。
年齢制限なども設けていない病院がほとんどで、高齢出産で不安を抱えている妊婦さんでも安心して検査を受けることができます。
今の日本の少子高齢化、晩婚化の事情を考えると、新型出生前診断は役に立つ検査です。

新型出生前診断を受ける人の割合はどの程度なのか

出生前診断は誰でも受けられるわけではありません。日本産科婦人科学会において、夫婦いずれかが染色体異常を持っている場合や以前染色体異常に罹患している子供を妊娠、出産したことがあるとき、高齢で妊娠した、胎児に異常がすでにみられるなどの時と決められています。近年では35歳以上で妊娠出産をする人が増えているため、日本でも出生前診断を受ける人の割合は多くなっていますが、海外に比べるとまだ低いのが現状です。
1998年から2016年の間の調査結果では、高齢妊婦数28万ほどにたいして25.1%となりました。新型出生前診断は他の出生前診断に比べると母体の血液から判定するやり方のため流産などのリスクが大変低く、新型出生前診断を行うようになってからは割合が増えており、今後も行う妊婦数が増えていく傾向があります。海外では2010年と2011年で調べたところ、イギリスは6割、フランスは8割以上、デンマークでは9割以上となりました。

新型出生前診断の概要と利用するための方法について

新型出生前診断は、母体から採決された血液をPCR検査することによって胎児のダウン症などの染色体異常を調べる検査のことです。今までは胎盤などから検体を採取し検査するという母体にも赤ちゃんにも負担のかかる方法が一般的でした。検査技術の向上によって、母体の血液から胎児の染色体異常や特異度を95%以上の精度で診断することができるようになりました。
一方この方法は非確定的検査と呼ばれるものの一種で、可能性を診断するものです。母体の血液に浮遊している赤ちゃんのDNA断片を調べるもので、もしさらに確認を希望する場合は確定的検査をする必要があります。確定的検査は、羊水検査が代表的で妊娠15週以降に行うことができます。診断結果には2~3週間かかるため、やや時間を要するのが特徴です。最近では新型出生前診断と確定的検査とを組み合わせて利用されることが多く、早めに知ることでより選択肢を増やせるというメリットがあります。

新型出生前診断の目的を勘違いしてはいけない

妊娠している方の中に新型出生前診断を受けようと検討している方がいるはずです。費用は20万円くらいかかりますが、従来の出生前診断と比較して精度がかなり高いため、検査を受けることは賢明な選択です。胎児に染色体異常があれば、ダウン症の赤ちゃんが生まれてくる可能性が高いことになります。 ただ、新型出生前診断は中絶を促すものではないことを認識しておく必要があります。ダウン症の赤ちゃんである可能性が高いと診断されても、出産まで準備しておけるようにするのが目的です。染色体異常が見つかったことで簡単に中絶する方がいますが、そういう方は親になる資格がありません。胎児は頑張って生まれてこようとしているわけなので、小さな命を大事にしないといけません。頼れる人がいないなど、どうしても育てることができないのであれば仕方ないですが、異常が見つかったから中絶することは絶対に認められないです。子供を作るということは責任が生じます。

新型出生前診断は中絶を肯定するものではない

新型出生前診断は胎児の染色体のかけらを血液検査することで、胎児の染色体異常を見つけることができるものです。異常があれば、ダウン症の赤ちゃんが生まれてくる可能性が高いです。検査は短時間で終わりますし、精度が高いことも特徴になります。 ただ、新型出生前診断にも問題点が存在します。それは何かというと、染色体異常が見つかったからといって、簡単に中絶をしてしまうケースが多くあることです。ダウン症であるかを把握することを目的にしているので、決して中絶を肯定するものではないことをしっかり認識しないといけません。 ダウン症でも成功している人が多くいるので、不安に感じる必要はないです。他の子供と少し違うかもしれませんが、個性の一つと捉えれば気にならないと思われます。簡単に命を奪う選択をする人は、親である前に人間として失格です。生まれてこようとしている胎児をもっと大事にするべきです。新型出生前診断は正しく活用してください。

新型出生前診断にかかる費用はどれくらい?

生まれてくる赤ちゃんに染色体異常がないかチェックするために、新型出生前診断を受けようと考えている方がいるはずです。新型出生前診断でダウン症で生まれてくる可能性があるかを調べることができるため、検査を受ける方が増加しています。費用は20万円ほどが相場です。高額に感じるかもしれませんが、染色体異常を早期に発見できるため、それだけの価値が十分あります。もっと安く検査が受けられるところがありますが、検査の精度が低い場合があるのでおすすめできません。 また、新型出生前診断で染色体異常が見つかった後の対応が大事です。簡単に中絶を決めてしまう方がいますが、中絶を是とするものではないことを認識してください。ダウン症になったとしても悲観する必要はないです。親などのサポートを受けながら育てていけば、普通の生活ができるので大丈夫です。赤ちゃんが欲しくてもできない人が多くいるので、簡単に命を奪う選択はしないでください。

新型出生前診断は胎児のどういったことがわかるのか

新型出生前診断は近年注目されている診断の一つです。妊娠中の女性の血液を採取することにより胎児のDNAの断片を分析できるものであり、流産などの危険性が低く妊娠中の女性の体と心の負担を軽減することができます。この新型出生前診断によって判明するのは、21トリソミーと呼ばれるダウン症候群と18トリソミー、13トリソミーの3つとなります。胎児の染色体疾患について判定するものであり、そのほかの染色体疾患及び先天性の疾患は対象となりません。 な新型出生前診断は大変制度が高い検査になります。ほかの検査と比べると新型出生前診断は9割ほど、他の検査では1割ほどの精度ということがわかりました。陽性的中率は90%を超えますが、実際のところ非確定的検査の部類になります。そのため診断を受けて陽性と結果が出た場合は羊水や絨毛を採取して調べる確定検査を行う必要があります。 さらに簡単に検査をできるのではなく、しっかりとカウンセリングを受け、事前の準備をしてから行うようになります。

妊娠中に新型出生前診断を受ける際の注意点とは。

妊娠中の方で、新型出生前診断という言葉を聞いたことがあるという方もおられると思います。新型出生前診断とは妊婦の血液を採取し検査することによって、高い確率で胎児に障害があるかどうかを判定する検査方法のことをいいます。検査方法は血液を採取するだけで妊婦に負担を与えませんので、流産等のリスクはありません。この診断をうけるにあたってはいくつかの注意点があります。まず判明する障害が21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーの3種類だけだという事です。従って、発達障害や視覚障害・聴覚障害等の数多くの他の先天性疾患はこの検査を受けてもわかりません。次に中絶するかどうかをあらかじめ考えておくことです。新型出生前診断は気軽にできるクリニックもあるため、安易に受診される方もおられます。しかし、万が一陽性となった場合、産むか中絶するかどうかの重い選択を迫られることになります。中絶については法的に可能な期限内が定められており、陽性となってから迷っていたら期限内に決断できない恐れがあるからです。

NIPTに関する情報サイト

新型出生前診断